バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃんエロゲー感想

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

エロゲー感想
SS 『究極のフェラチオゲー』

あらすじ

「ねえ、こーちん。わるいんだけど、ベンキョー教えてくんない?」

夏休みを一月後に控えた、期末考査直後の土曜日。
室戸浩太は、自宅近くのコンビニで同級生のギャル椎名ちえり──ちーちゃんと出くわす。
ちーちゃんが、両手を合わせて拝むように言った。勉強を教えて欲しい。
とりあえず夏休みは追試確定だし、ゆくゆくは留年してしまうかもしれない。

「別に良いけど」

どうせたいして忙しくも無いと、快諾する浩太。
ちーちゃんが、勉強や卒業のことを考えていたことについて見直したのが半分。
ちーちゃんのようなエロい女の子と、自宅で勉強する状況を見逃せないという健全なスケベ心が半分。
学力を確認し、厳しい闘いになりそうだけど頑張れば何とかなりそうだとうことが解り、安堵の表情を浮かべるちーちゃん。
そんなちーちゃんの表情が、ふっと、少し意地悪そうな、悪戯な笑みに変わる。

「こーちんは、どうしてこんな面倒なお願い、聞いてくれる気になったの?」

「暇だし、別に良いかなって。それと、椎名さんが──」

「ちーちゃん!」

「・・・ちーちゃんが、意外と真面目に将来のこととか考えてるんだなって、感心したからだよ」

「それだけぇ?」

「・・・ちーちゃんみたいにエロい女の子と二人きりで勉強するのは、男の夢っていうのもある」

「クスクス☆こーちんってば、正直さんだね・・・でもさ、二人きりで勉強するのが夢ってわけじゃないっしょ?」

「・・・と言うと?」

「そういうのって、勉強のあとに、なんだかんだエロエロ~なことになっちゃうのが、夢なんじゃないのぉ・・・☆」

「そりゃ、まあ、エロいことさせてくれるなら夢が叶うけど」

「・・・こーちん、なんか全然慌てたりしないね。ちょっとつまんない。意外とケーケンホーフ?」

「誤解させて悪いけど、まじりっけ無しの童貞だぞ。さっきから心の中でずっと『マジかよ』『マジかよ』ってなってるし、見栄と練習用に買ったコンドームの使用期限のこと、必死に思いだそうとしてる」

「あっははははは!こーちんてば正直すぎ!」

「でもあたし、彼氏いるから、こーちんの童貞を引き受けるのはムリっぽい。ごめんね♪」

「ええっ、この流れでそうなるの !? 」

「だって、パコったら浮気になっちゃうし♪」

「マジかよ・・・マジかよ・・・」

浩太の落胆した言葉に、ちーちゃんはいよいよ面白そうに、クスクスと笑って言った。

「でもでも、そうだよねぇ・・・こーちんには、お勉強みてもらってるお礼、ちゃんとしないとね・・・☆」

──こーちんは、あたしのお勉強の面倒を見てくれる。
──その代わりあたしは、こーちんの、ち○この面倒、見てあげる・・・☆
見せつけるように口を開くちーちゃん。肉厚のぽってりとした唇が開いたその奥には、
オスの目とチンポを誘うようにクネクネと蠢く、桜色の舌先が踊っていた。

「ここなら浮気じゃないし、幾らでも突っ込んで、いーよ☆」

──こうして、ちーちゃんとの長い長い付き合いが始まることになったのだ。

声優 / キャラクター

椎名ちえり
椎名ちえり 役

サンプルCG

「バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん」のサンプルCG
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん キャラクター紹介画像01 椎名ちえり
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

最高のコンセプトを掲げて、それを実現した作品。
確かな技術を持った制作陣が、丁寧に、丁寧に作った、究極のフェラチオゲー。バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん サンプルCG003

シナリオ

というかその、まずは何も言わずに上のあらすじを読んでみて欲しい。

ちーちゃんの可愛さ、こーちんの誠実さ、立ち込めるフェラ臭。
この作品の良さが、上のあらすじに大体詰まっています。

そしてこのいちゃいちゃしたノリで、
愛情たっぷりに舐め上げてくれる、「彼女じゃない、友達」ギャルのフェラ。
…最高としか言えないじゃないですか。

それでいてシナリオの中でフェラに異物感がなく、
お話の中にちゃんと溶け込んでいるのがまた凄い。

ちーちゃんがフェラが上手なことにも、
フェラだけでセックスはしないことにも、ご都合主義ではない説得力があります。

それにこういってはなんですが、
エロゲーにしては貴重な「ちゃんと読む気にさせてくれる文章」で書かれていて、
泣きゲー…とまでは言わないものの、なんか普通にちょっと心温まるいいお話なんです。

ちーちゃんも、こーちんも、登場人物に好感が持てるところがぐっど。

キャラクター

椎名ちえり (CV.御苑生メイ)

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん キャラクター紹介画像01 椎名ちえり
見た目通りのギャルながら、優しさと母性を感じる女の子。
勉強の仕方が分からないだけで、地頭は悪くないタイプのコ。

貞操観念は緩いような、そうでもないような。
あくまでも気を許せる人にエロいのであって、ビッチではない感じ。
こーちんとも一線は引いて、絶対にセックスはしないですし。

こーちん (主人公・CV無し)

プレイヤーの代替ではなく、
しっかりと設定が練られた登場人物の1人。

クラスメイトにモテてないのも分かるし、
でも実際に付き合ってみたらちーちゃんが惚れるのも分かる。

本来は魅力的な人間なんですが、現状は間違いなく非モテ人間なので、
ちゃんと嘘ではない童貞臭さがあるのが、Hシーンの臨場感に一役買っています。

SS評価の理由

シナリオが良いとはいっても、
もちろん究極にヌけないことには究極のフェラチオゲーとは言えません。

そもそもフェラが多いことや、
はましま薫夫先生の肉感たっぷりの原画、
濃厚なテキストなど、フェラゲーとして優秀なポイントは幾つもありますが、

最大の魅力は、なんといっても御苑生メイさんの超絶ちゅぱ演技。

「吐息も爆音も、緩急併せ持つ、類まれなちゅぱ音の表現力を持つ声優さん」

としてフェラゲーマー界では名の知れた彼女が、
今作はコンセプトからしてフェラ一直線というところで、
明らかにいつもよりもさらに気合を入れてしゃぶってくれています。

最初はギャル演技がちょっとくどすぎるかなぁという印象もありましたが、
レビューのために再プレイしてみたら、今ではもうちーちゃんが可愛くてたまらない。

Hシーン

1シーンあたり凄まじいボリュームとちゅぱ音。
地の文も秀逸でバランスが良く、ボイスだけが続くことは殆どありません。

ちゅぱ中の喋りはあるものの、
あくまでもメインのちゅぱ音を引き立てるための良いバランスですし、
いちゃいちゃした喋りがあるからこそ、ちーちゃんのエロ可愛さが際立っています。

UI

BGV有り / クリックオート継続× / クリックボイス継続○

割と最近のゲームなのに、クリックでオートが強制解除されたり、
オート時にUIがやや邪魔になるなど、若干ですが難あり。

演出面

フェラの抜き差し(浅い咥えと、深い咥え)の差分表現について。
差分の切り替わりが激しすぎて、あまりいい印象を受けませんでした。
視点が落ち着かないんですよね。

またフィニッシュのスパートでは激しい動きの表現なのか、
顔にぼやけたような残像を付加することがあり、これも無くても良かったかなと。

チン毛

えー…そのまんまですね。
妙なリアルさの演出で、抜けたチン毛が描かれたりするという…まぁ…。
べ、別にいらなかったかな…って

とはいえ演出面はいずれも好みの範疇だとは思いますし、
それでも尚、究極のフェラチオゲーとして挙げる気にさせるほど、素晴らしいゲームです。

好きなシーン

  • コタツから顔を出してフェラ
  • 後日談・汗だくフェラ
    フェラシーンはいずれも絶品で甲乙つけ難いけれど、しいて挙げるなら!というとこの二つ。女の子がリラックスしてしゃぶってるシーンって好き。

まとめ

お勧め度

至高の抜きゲーでありながら、シナリオが良いからキャラクターまで愛せてしまって、さらにHシーンの興奮が高まるという最高のスパイラル。発売前から楽しみにしていてハードルが上がっていたのに、その期待感をさらに超えてくれた神ゲー。

ギャルキャラと演技がやや人を選ぶ側面はあるものの、一つのジャンルとして間違いなく究極であると言える作品。

フェラゲー度
キスゲー度
ボリューム