バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃんエロゲー感想

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

SS
100%
B
60%
SS
100%
S+
95%
SS
100%

あらすじ

「ねえ、こーちん。わるいんだけど、ベンキョー教えてくんない?」

夏休みを一月後に控えた、期末考査直後の土曜日。
室戸浩太は、自宅近くのコンビニで同級生のギャル椎名ちえり──ちーちゃんと出くわす。
ちーちゃんが、両手を合わせて拝むように言った。勉強を教えて欲しい。
とりあえず夏休みは追試確定だし、ゆくゆくは留年してしまうかもしれない。

「別に良いけど」

どうせたいして忙しくも無いと、快諾する浩太。
ちーちゃんが、勉強や卒業のことを考えていたことについて見直したのが半分。
ちーちゃんのようなエロい女の子と、自宅で勉強する状況を見逃せないという健全なスケベ心が半分。
学力を確認し、厳しい闘いになりそうだけど頑張れば何とかなりそうだとうことが解り、安堵の表情を浮かべるちーちゃん。
そんなちーちゃんの表情が、ふっと、少し意地悪そうな、悪戯な笑みに変わる。

「こーちんは、どうしてこんな面倒なお願い、聞いてくれる気になったの?」

「暇だし、別に良いかなって。それと、椎名さんが──」

「ちーちゃん!」

「・・・ちーちゃんが、意外と真面目に将来のこととか考えてるんだなって、感心したからだよ」

「それだけぇ?」

「・・・ちーちゃんみたいにエロい女の子と二人きりで勉強するのは、男の夢っていうのもある」

「クスクス☆こーちんってば、正直さんだね・・・でもさ、二人きりで勉強するのが夢ってわけじゃないっしょ?」

「・・・と言うと?」

「そういうのって、勉強のあとに、なんだかんだエロエロ~なことになっちゃうのが、夢なんじゃないのぉ・・・☆」

「そりゃ、まあ、エロいことさせてくれるなら夢が叶うけど」

「・・・こーちん、なんか全然慌てたりしないね。ちょっとつまんない。意外とケーケンホーフ?」

「誤解させて悪いけど、まじりっけ無しの童貞だぞ。さっきから心の中でずっと『マジかよ』『マジかよ』ってなってるし、見栄と練習用に買ったコンドームの使用期限のこと、必死に思いだそうとしてる」

「あっははははは!こーちんてば正直すぎ!」

「でもあたし、彼氏いるから、こーちんの童貞を引き受けるのはムリっぽい。ごめんね♪」

「ええっ、この流れでそうなるの !? 」

「だって、パコったら浮気になっちゃうし♪」

「マジかよ・・・マジかよ・・・」

浩太の落胆した言葉に、ちーちゃんはいよいよ面白そうに、クスクスと笑って言った。

「でもでも、そうだよねぇ・・・こーちんには、お勉強みてもらってるお礼、ちゃんとしないとね・・・☆」

──こーちんは、あたしのお勉強の面倒を見てくれる。
──その代わりあたしは、こーちんの、ち○この面倒、見てあげる・・・☆
見せつけるように口を開くちーちゃん。肉厚のぽってりとした唇が開いたその奥には、
オスの目とチンポを誘うようにクネクネと蠢く、桜色の舌先が踊っていた。

「ここなら浮気じゃないし、幾らでも突っ込んで、いーよ☆」

──こうして、ちーちゃんとの長い長い付き合いが始まることになったのだ。

声優 / キャラクター

椎名ちえり cv.御苑生メイ

ちーちゃんという愛称をあなたに強要する、天真爛漫おっとり小悪魔ぎゃる。
私立逢乃里学園2年7組所属。学年全体で下から数えたほうが格段に早い成績の持ち主。運動も苦手。家事全般もダメ。
その大きな胸を張って得意だと言えるのは、格ゲーとセックスだけ。そんなお勉強の出来とは正反対で、容姿は学園でもトップクラス。
何処を抱きしめても気持ちがよさそうな身体は、情熱的な褐色美肌に覆われている。
ちなみに褐色の肌は焼いているのではなく、天然。母方にブラジルの血が入っているからだとか。
そんな濃厚過ぎる女を撒き散らしているにも関わらず、屈託のない無邪気な性格と憎めない笑みのお蔭か、同性の受けも悪くない。

椎名ちえり cv.御苑生メイ
声優について
使用名義 : 御苑生メイ

(全記事復活したら、ここに同声優作品のリンクが入る予定)

声優・キャラクター情報

サンプルCG

感想

――家に帰れば、そこに褐色ギャルがいる。

本来、抜きゲーとは「非日常」であると思う。たとえそれが暮らしを描いた作品であったとしても。そこには驚き、つまり非日常がある。でもこの作品は、一緒にご飯を食べて、勉強して、じゃあフェラしよっか。って、日常のサイクルのなかにフェラがスッと入ってくる。フェラで縮まる距離感と、日常で育まれる親近感。抜きゲーにとって、少なくとも私にとって、シナリオは本来評価する部分ではない。けれど今回だけは評価せざるを得ない。だって、そこに描かれる、当たり前の日常としてのフェラは、まるですぐそこにちーちゃんが居るような感覚を私に与えてくれるから。

ちーちゃんの魅力 #1.シナリオ

泣ける抜きゲー

泣きゲーは言い過ぎもしれない。人が生きていれば有り得る程度のお話で、そんな凄い展開があるわけでもない。二人が暮らし、季節が移ろうのを眺めてるだけ。でも、なんか、終わった時、少しだけ気持ちがほっこりしてる。そんな「ちょっぴり」いいお話。ちーちゃんも、こーちんも、登場人物に好感が持てるところがぐっど。

エロと物語の境界線

抜きゲーとは、エロシーンを見せるために存在している。だから、抜きゲーの物語というのは、本来はエロシーンとエロシーンを繋ぐための連結部でしかない。もちろん「物語の良い抜きゲー」なんてのもたまにあるけど、それも「エロ」と「物語」は別のものとして考えられていると思う。でも、この作品において、「エロ」と「物語」はシームレスで同じライン上にあるものなんです。エロやフェラも含めて「ちーちゃんとこーちんの物語」だから、切り離せるものじゃない。だから自然だし、だからこそ浸れる。まるで二次元と三次元の境界線をかき消すように。

読みやすいテキスト

こういっちゃなんだけど、エロゲーにしては貴重な「ちゃんと読む気にさせてくれる文章」で書かれてる。それは物書きとして最低限、当たり前のはずなのに、「シナリオの良し悪しの前に、お前の文章読みたくねえ!」ってなるエロゲーが巷には多すぎる。自分のことを棚に上げた、無責任な批判ですけども。

ちーちゃんの魅力 #2.キャラ

椎名ちえり (CV.御苑生メイ)

見た目通りのギャルながら、優しさと母性を感じる女の子。勉強の仕方が分からないだけで、地頭は悪くないタイプ。貞操観念は緩いような、そうでもないような。あくまでも気を許せる人にエロいのであって、ビッチではない感じ。こーちんとも一線は引いて、絶対にセックスはしない。

こーちん (主人公・CV無し)

プレイヤーの代替ではなく、しっかりと設定が練られた登場人物の1人。クラスメイトにモテてないのも分かるし、でも実際に付き合ってみたらちーちゃんが惚れるのも分かる。本来は魅力的な人間なのに、ゲームスタート時の現状は間違いなく非モテ人間なので、ちゃんと嘘ではない童貞臭さがあるのが、Hシーンの臨場感に一役買っています。

ちーちゃんの魅力 #3 ちゅぱ音

御苑生メイさんのちゅぱ音が良すぎる

ちーちゃんの声優は、御苑生メイさん。「類まれなちゅぱ音の表現力を持つ、ちゅぱ音の女王」である彼女のちゅぱ音は、吐息、爆音、緩急、どれをとっても、まさに「チンチンしゃぶるの上手なちーちゃん」と言える素晴らしいもの。

御苑生メイさんの凄さ

まず、ちゅぱ音は明確に優劣が付けられるものではない。プレイヤーそれぞれに重視する部分があり、推し声優もまた違う。しかし、それでもあえて「客観的に一番ちゅぱ音技術が高いのは誰?」と尋ねたときに、一番名前が挙がるのは御苑生メイさんなんじゃないかと思う。空間の表現力がずば抜けてる。

また、もちろん普段の演技で手を抜いてるなんてことはないだろうけど、やっぱりシナリオの良さや制作サイドの本気さが伝わると、声優も一歩踏み込んだ情感を引き出せると思うんです。その点今作のシナリオやキャラクターの良さは、今までにお伝えした通り。だから、今作のちゅぱ音は、本当に良い。

ちーちゃんの欠点 #1 演出

差分表現が冗長

フェラの抜き差し(浅い咥えと、深い咥え)が頻繁に差分の切り替えで表現される。CGもスクリプトも手間が掛かっていて、むしろ制作サイドとしては作り込んだ部分。ただ、その差分の切り替わりが激しすぎて、視点が落ち着かなかった。これはプレイスタイルの問題が大きくて、オートプレイなら臨場感があって凄くいい。ただ、自分はボイスを聴きながら地の文の状況描写で気分を盛り上げたいタイプなので、それをしていると画面が忙しくなってしまう。

またフィニッシュのスパートでは激しい動きの表現なのか、顔にぼやけたような残像を付加することがあり、これも無くても良かったかなと。

チン毛

えー…そのまんまですね。妙なリアルさの演出で、抜けたチン毛が描かれたりするという…まぁ…。べ、別にいらなかったかな…って。ただまぁ、演出面の不満については、いずれもむしろここが良いんだと気に入る人も居ると思います。

要素評

フェラゲー度

SS

1シーンあたり凄まじいボリュームとちゅぱ音。地の文も秀逸で、ちゃんとボイスの間に状況描写を入れてくれる。ちゅぱ中の喋りはあるものの、あくまでもメインのちゅぱ音を引き立てるための良いバランスだし、いちゃいちゃした喋りがあるからこそ、ちーちゃんのエロ可愛さが際立っていると感じる。また、御苑生メイさんは「咥え喋り」や「セリフ繋ぎのちゅぱ音」も抜群に上手い。

キスゲー度

B

後日談に、横顔キスの1枚絵有りで割と良いシーンが一つ。また、同じく後日談のラストシーンの正常位キスハメが、キスフェチから見ても実用レベルなボリュームと濃厚さで凄く良い。ただ実用的なのはこの2シーンくらいか。

声優・ちゅぱ音の質

SS

今回特徴的なのは演技の声質。「ギャルっぽい」声色を二次元的にマイルドにした感じの、エロゲーとしてはちょっと珍しい演技。ストレートな萌え声とはちょっと違うので、慣れるとクッソ可愛く見えるけど、合わない人もいるかも。御苑生メイさん一人なので、ちゅぱ音の質は当然SS。

グラフィック

S+

美麗かつ可愛らしいちーちゃんのデザインに、フェラ好きのツボを突くシチュエーションの数々。はましま薫夫先生、サイコーっす。SSでもいいかもしれないけど、何か全部SSって逆に薄っぺらく見えるし、他の要素と違って、グラフィックは能力の上限がない分野だと思うので、あえて95点とした。強いて言えばワイド解像度じゃないことか。あとチン毛。

ボリューム

SS

フェラだけで見ればフルプライスでもSS付けるくらいなのに、2000円を切る衝撃のロープライス。限界突破して200点くらいある。シナリオの長さとしては短編だけどね。

UI

BGV:有り
オート継続:不可
ボイス継続:可

割と最近のゲームなのに、クリックでオートが強制解除されたり、オート時にUIがやや邪魔になるなど、若干難があるところも。UIと演出関連は、このゲーム唯一の不満点かな?BGVはちゃんとあります。

ツボったシーン

椎名ちえり - コタツから顔を出してフェラ

ぶっちゃけお勧めシーンは「全部」なんだけど、それじゃ多すぎるので、しいて挙げるなら!というとこの二つ。両方そうだけど、女の子がリラックスしてしゃぶってるシーンって好き。コタツから顔を出すってことは、つまりうつぶせ気味で体を投げ出してるわけで。そういう日常の一コマっぽい可愛さがグっとくる。個人的に苦手だった差分表現もおとなしめ。

椎名ちえり - 後日談・汗だくフェラ

茹だるような室内で、汗だくで火照ったちーちゃんが、主人公の膝を枕にするように甘えながらフェラをする。色気ムンムン過ぎる。物語としても終盤のシーンなので、主人公の弱点を知り尽くしたちーちゃんによる容赦のないフェラ。途中、カットイン付きでチ〇ポを横咥えする、いわゆるハーモニカフェラもあり。

良いところ、悪いところ

Pros

  • 究極のフェラチオゲー
  • 抜きゲーなのにシナリオが良い
  • 御苑生メイさんによる最上級のちゅぱ音
  • 2000円を切る、衝撃のロープライス

Cons

  • 少しだけUIに不満がある
  • Hシーンのエフェクトが気になった(好みの問題)
  • ギャル演技に少し癖がある(好みの問題)

総評

「究極のフェラチオゲー」の条件とは何だろうか。ちゅぱ音、テキスト、グラフィック。まずこの3要素は絶対だろう。UIも大事だし、あるいはもっと他の何かかもしれない。でも、一番大事なのは、クリエイターの情熱とリビドーだと私は思う。ギャルキャラがやや人を選ぶ側面はあるものの、一つのジャンルとして間違いなく究極であると言える作品。発売前から楽しみにしていてハードルが上がっていたのに、その期待感をさらに超えてくれた神ゲー。