円交少女 〜陸上部ゆっきーの場合〜エロゲー感想

円交少女 〜陸上部ゆっきーの場合〜

エロゲー感想
A くすはらゆい×援交=最強

あらすじ

「ゆっきー、いま暇なんだよね?
お願いだよ、わたしのこと助けてくれない……?」

陸上部のホープであった悠希は、ケガにより全国大会への出場を断たれてしまう。
その気晴らしにと遊びに来た渋谷で、中学時代の友人・真子に再会する。

その真子から、ホストの売り掛けを返済するために協力して欲しいとお願いされるのだが……?

声優 / キャラクター

河原木 悠希
河原木 悠希 役
美月 真子
鶴屋春人
美月 真子 役

サンプルCG

円交少女 〜陸上部ゆっきーの場合〜 パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

くすはらゆいさんの声で援交モノというだけでヤバい。

もちろん声や演技が良いのもそうなんですが、
くすはらさんって、どちらかというと「萌えゲー畑」の方なんですよね。

なので、そういう「普段援交モノとかやらない声優さん」に援交モノをやられると、
ちょっと普段とは別種の興奮があるというか、実際に凌辱経験のない声なわけですから、
本当に汚れのない美少女を犯しているような気分が味わえて、めっちゃ興奮できるんです。

ちょっと例えが悪いですが、
普段の抜きゲーがデリヘルなら、
このゲームは本当にJKと援交しているような感じでしょうか。

こんな娘と本当にヤっていいのか…!
みたいな。

くすはらさんの、その透き通った声質自体も、
ヒロインたるゆっきーの純粋で真面目な性格と凄くマッチしていて、美少女感が強く、
援交をリアルタイムで追いかけているような臨場感を味わえます。

百戦錬磨の声優さんも、もちろん大好きなんですが、
上手い下手ではなくて、別のベクトルの興奮なんですよね。

他の声優さんのケース

似たような話をすると、
超有名どころで、桐谷華さんいらっしゃいますよね。

この方は完全に萌えゲー専なんですが、
一つだけ、天秤のLa DEA(公式HPへ)に出演されたときに、
和姦ですが、お金や権利目的で知り合いのおっさんと寝るシーンがあったんですよ。
フェラでもないし、セックスをするだけの通常ならなんでもない1シーンなんですが、
声優効果でくっっっっそ興奮した覚えがあります。

シナリオ

同じ援交モノでも、緩くて笑える雰囲気だったJKギャル淫交日記とは違い、
少し現実感のある、独特の雰囲気が魅力。

後から知ったんですが、聖娼女を書いているライターさんが参加されているみたいで、ああなるほどなと。ゆっきーの流されやすく何でも許してくれる優しい感じは、聖娼女の雰囲気と凄く似通っています。

くすはらさんの援交モノなら何でも良かったわけじゃなくて、
このシナリオの雰囲気と、慈愛に溢れたヒロインの性格が、
くすはらさんの清楚な声質とすーーごく合ってたのがヤバかったんですよねー。

グラフィック

クオリティは◎。
陸上部設定で少し日に焼けた身体が、またそそります。

ただしCGの使い回しはかなり多く、特にフェラは毎回同じアングルですが、
それ自体はいい絵なのでそこまで不満には思いません。

まとめ

お勧め度

クリティカルでツボった「シーン」は無いけど、「作品」自体はツボなので定期的に起動したくなる。ライターが聖娼女の人というところで、テキストも似通っていて、ちゅぱ音中は台詞が多め。特別フェラゲーということはないですが、でも好きなゲームです。