僕と彼女のご奉仕同棲 パッケージ画像エロゲー感想

僕と彼女のご奉仕同棲

エロゲー感想
C キャラ重視の抜きゲーとしては悪くないが、フェラゲーとしてはイマイチ。

あらすじ

主人公「津田 彗」(つだ さとし)は資産家だった祖父が残した洋館に、
単身赴任でいない親の代わりとしている家政婦と二人で暮らしていた。

ある日、その家政婦が事故に合い入院することに。

その事故の現場に居合わせた慧の同級生、
「鹿島 詩乃」は家政婦が怪我をした一端を担ってしまった事に責任を感じ、
怪我が治るまで主人公の屋敷で家政婦の代わりをすると言いだすのであった。

学園でちょっと気になると思っていた子が自分のメイドになってくれる。
こうして同級生メイドと一緒に過ごすことになった彗。
ハラハラドキドキの日々が幕をあけるのであった。

声優 / キャラクター

鹿島 詩乃
鹿島 詩乃 役

サンプルCG

鹿島詩乃
僕と彼女のご奉仕同棲 パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

僕と彼女のご奉仕同棲のサンプル画像01
基本は雑なロープラクオリティ。
ヒロインは好感度90%からスタートして、
1イベントで好感度100%になるちょろイン。

非常に短いシナリオではありますが、
ある程度のキャラ付けはあり、キャラクターを好きになってからH出来ます。
Hシーンも告白して、彼氏彼女の関係になってからなので、
純愛萌えゲーを物凄く短くまとめた、忙しい人のための純愛ゲーみたいな感じ。

文章やシナリオのクオリティはそれなりですが、
主人公は控えめでクドくなく、比較的好感が持てるので読みやすいです。

「一ヶ月間異性のクラスメイトの家にメイドをしに行く」
というシチュエーション自体に無理があるような気はしますが、(理由付けはあるけど)
まぁ、抜きゲーにツッコミを入れるのは野暮ですね。

告白はヒロインからだし、そのままヤっちゃうし、その後も半同棲でヤりまくりと、
なんかこう盛った年頃のカップル感がイイ感じです。

立ち絵が特徴的

僕と彼女のご奉仕同棲 立ち絵サンプル

全身が見える立ち絵ではなく、肩周りまでしか見えない、ドアップの立ち絵が良く出てきます。
普段のエロゲーの立ち絵に慣れているとやや違和感がありますが、1ヒロインだし、これはこれで…?

むしろ距離感が近くて、いちゃいちゃ感が出ていて良いかも。

フェラは少なめ

僕と彼女のご奉仕同棲 サンプルCG002

フェラは1シーンしかありません。

ご奉仕同棲というタイトルなので、数シーンはあるかなと期待していたのですが…。
というかその、彼女といちゃラブ同棲してるだけで、あんまし「ご奉仕」感はないです。

Hシーンを全てひっくるめても7シーンしかないので、ボリュームはもう少し頑張ってほしかったところ。そもそも一瞬で付き合い始めて、後は猿みたいにヤりまくるだけなので、ゲーム全体を通しても凄く短いです。

当たりかハズレかで言えばフェラゲー的にはハズレではありますが、
でも、案外嫌いじゃないんですよね。いちゃラブゲーとしては悪くなかったかなと。

詩乃ちゃんは可愛かった。

UI

BGV無し / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

好きなシーン

彼女メイドの布団潜り込みいちゃラブ主観朝フェラという、最強の中の最強シーン。
シチュエーション的には最強なんですが、ボリューム的にはやや物足りない。
朝キス手コキという、ちょっとレアシチュ。
こちらもキスのボリューム的には少し物足りませんが、シチュエーションが良いですね。

まとめ

お勧め度

ボリューム的にはお勧めしにくいですが、いちゃラブ萌え抜きゲーとしての雰囲気自体は結構好きな方です。とにかく詩乃ちゃんは可愛かったので、キャラゲーとしては当たり。

また猫村ゆきさんはこの作品で初めて知りましたが、少し印象に残る声でした。周囲の反応を見てもファンも居るみたいなので、萌えゲー界隈でお見かけする機会は増えそうな気がします。ちゅぱ音はまだそれなりレベルですが、今後に期待。

どうでもいいけど最近このブログのせいで懐ゲーばっかりプレイしてるので、久しぶりに新作触ってワイドスクリーン対応とかしてるとなんかすげぇ感動する…。

フェラゲー度

唯一のシーンには満足していますが、唯一ですからね…。

キスゲー度

いちゃラブゲーなので、ちょいちょいキスはありますが、
キスで抜けるというほどではありません。

ボリューム

キス1、フェラ1。価格を考慮しても、少し物足りないところです。
そもそもHシーン以外のゲーム全体を通しても非常に短く、他人のレビューを見ていると、「同時に発売している抱き枕がメインで、それの気分を高めるためのミニシナリオ」と表現している人が居て、言い得て妙だなぁと思ってしまったくらい。