黒愛~一夜妻館・淫口乱乳録~ パッケージ画像エロゲー感想

黒愛~一夜妻館・淫口乱乳録~

エロゲー感想
シナリオに突っ込んではならないが
妙にエロいゲーム

※この記事だけ旧テンプレート。調整中。

ストーリー / あらすじ

冒頭、主人公の幼馴染みで姉代わりだった内海 綾香(うつみ あやか)が倒れる。彼女は生まれつき病弱で、4ヶ月後までに大手術をしなければ、余命幾ばくもないというのだ。だが、その費用は莫大で、綾香の親も、ましては主人公になど工面出来ようはずもない。

そこで彼女を救う為、都心に住む遠い縁者の叔母を尋ね手術代を主人公は借りに出向く。そんな彼を出迎えたのは、都心にあるとは思えない、生い茂る緑に囲まれた「館」であった。古風で威厳ある佇いの屋敷に、叔母と名乗る美少女 荒神 六華(こうじん りっか)と、物静かなメイドの少女 十川 葉月(そがわ はづき)が現れる。

懸命に「金を貸してくれ」と訴える主人公に対し、館の女主人である六華(りっか)が条件として提示したのは、「猟犬」の如く街を徘徊し、美女を見つけ、館へ連れ込む事であった。驚愕する主人公に追い打ちをかけるかの如く、少女は捕えた美女達を「種馬」となって「孕ませろ」と命じるのだが……

感想

往年の名作凌辱ゲー。館モノ。

実力のあるキャストで固められていて安定感がある中で、
個人的には松田理沙さん&夏野こおりさんゲー。

特に夏野さんの凌辱系でまともなフェラが聴けるゲームって今では貴重だと思う。
ちゅぱ音的には、まだ発展途上の時期で、ピークに比べると音は控えめですが。

逆にちー様はこの作品ではあまりぐっときませんでした。
キャラとシチュの好みの問題かな?

UI

BGV無し / クリックオート継続○ / クリックボイス継続×

UIに定評のあるCLOCKUPといえど、さすがに古過ぎて機能的には物足りないところも。

黒愛のサンプル画像01
黒愛のサンプル画像02黒愛のサンプル画像04
黒愛のサンプル画像03
黒愛のサンプル画像05

まとめ

お勧め度

往年の名作。といっても褒められるべきはエロだけで、ゲームとしては割と酷い。フラグ管理が壊滅的で、頭がおかしくなりそうなくらいにイベントの時系列がぐちゃぐちゃに入り乱れます。しかし、だからというわけではないですが、この時代のゲームは良い意味でアングラ感があるというか、最近のゲームにはない「怪しさ」を纏っていて、それが何処と無くエロさに繋がっている気がする。ぶっちゃけ思い出補正はある。