饗宴の赤 ~読心調教録~ パッケージ画像エロゲー感想

饗宴の赤 ~読心調教録~

エロゲー感想
S はましま薫夫さんの描くイベントCGの構図、そしてねちっこい差分描写が光るハード凌辱モノ

あらすじ

『饗宴の赤』。

そう呼ぶ者もいるが、その秘密地下クラブの関係者に固有の名前は存在しない。そして饗宴に相応しい牝奴隷という名のメインディッシュを振舞う人間を、このクラブでは饗応師と呼ぶ。

ある饗応師の元に使者から届いた一通の封筒。分厚い紙を使った赤い封筒に、赤い蝋燭。それは『饗宴の赤』からの招待状だった。

「都心から急行で2時間ほど離れた場所にある三架谷(みがや)市。そこにある有名私立学園を、無能で善良な前学園長から取り上げた。 その学園に通う良家の子女や普通の娘などを指導し、地下秘密クラブに送り込んで欲しい。そしてゆくゆくは学園を専用牝奴隷牧場にしたい」

饗宴の赤の使者は、そう饗応師に依頼した。

饗応師は思う。
ターゲットになる女のそれぞれの特性を生かし、心を読み、追い詰め、屈服させ、そして牝奴隷として開花させる。 そこが饗応師の腕の見せ所であり、その過程にこそ快楽があると言って過言ではない。
知性と五感と肉欲……。女の隠された欲望を暴き、劣等感を刺激し、逃れられない背徳の快楽へと引きずり込んでいく。
女を内側からも外側からも、後戻りできない程に変えていく―――その過程が好きだ。

俺には心を読む力がある。
牝奴隷指導は最大級の娯楽であり、本気のゲームでもある。 リスクのない賭けなどには興味は無い。退屈なゲームなどする価値もない。やるならば、本気のゲームだ。

声優 / キャラクター

桐谷 優那
桐谷 優那 役
椎名 莉子
椎名 莉子 役
草薙 のばら
草薙 のばら 役
椎名 柚紀
椎名 柚紀 役
朔崎 葵
朔崎 葵 役
鈴木 郁美
雨津さえ
鈴木 郁美 役

サンプルCG

「饗宴の赤 ~読心調教録~」のサンプルCG1
饗宴の赤 ~読心調教録~ パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

名作のHDリマスター版。

凌辱ゲーの中でも、CLOCKUPさんは結構ハードな部分があるので、耐性の無い人は注意。

Hシーンのボリュームがとにかく長く、1シーンでちゅぱ音の短いエロゲー1作分くらいあるんじゃないかってくらい長い。地の文はあるが比較的控えめで、ちゅぱテキストが2~3クリック続く事はしばしばあります。

主人公に他人の心の声が聞こえるという設定があるので、ちゅぱ音の合間にヒロインの心の声がボイス付きで入ることがあるのは、人によって好みが分かれるところです。私的にはシーンによってはやや鬱陶しいものの、普通のゲームで心の声が入るのとそう変わらない印象でした。

キャラクター

芹園みやさんのがどストライク。
ツンデレっぽいツインテのガチ凌辱っていいよね。
フェラシーン数的にも一番優遇されています。

サトウユキさんのキャラも、
濃厚で長尺なキスシーンが二つある他、フェラも主観視点のがあって○。

隙あらば自分語り

このゲームの原作が発売した当時、まだ自分は凌辱ゲーどころか、下手するとフェラの魅力もわかっていない頃で、この濃ゆい絵柄を見て「誰かやるんだよこんなゲームwwwついて行けない世界だわー」とか思ってました。10年後抜きまくることになるのに。

本質的な性癖は三つ子の魂百までって気がしますけど、
補助的な性癖は移ろいますよねー。いろいろ食べられるようになるというか。

UI

BGV有り / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

安定の、「業界最強UI」クロックアップ。

好きなシーン

チ○ポキス→亀頭舐め→裏筋舐め→玉舐め→玉銜え→銜えフェラ
これらを全て差分で丁寧に表現してくれる。しかも芹園ボイスで!ツインテ高飛車キャラの不本意シチュで!シチュ、1シーンに対する手のかけ方、完成度、ボリューム。究極のフェラシーンといっても過言ではない。

まとめ

お勧め度

原作は2007年発売と、もともとは古いゲームですが、今でも十二分に通用するクオリティ。はましま薫夫ゲーにハズレ無し。