まいてつエロゲー感想

まいてつ

エロゲー感想
S 紙芝居を超えた、究極の『動く』紙芝居

あらすじ

鉄道車輌を制御する人型モジュール・レイルロオド。
旧帝鉄 8620系蒸気機関車のトップナンバー機、8620の専用レイルロオドであるハチロクも、
他の数多のレイルロオドたちと同様 大廃線に伴って廃用され、長い眠りについていた。

大廃線による鉄道事故で家族を失くし、隈本県は御一夜市の焼酎酒造・右田家の養子となった少年・右田双鉄。
長じて帝大へと進学した彼は、第二の故郷を工場誘致による水汚染から救うべく、御一夜へ帰還。
そこで偶然にハチロクを目覚めさせ、そのオーナーとなる。

双鉄とハチロクとは それぞれの目的を達成するため、行方不明になっている蒸気機関車8620の捜索を決意。
双鉄の義妹で絵描きの日々姫、御一夜市長 兼 御一夜鉄道社長のポーレットらと力を合わせ、8620復活を目指し奮闘努力を重ねていく。

声優 / キャラクター

ハチロク
ハチロク 役
雛衣 ポーレット
雛衣 ポーレット 役
右田 日々姫
右田 日々姫 役
れいな
れいな 役
右田 真闇
右田 真闇 役
宝生 稀咲
宝生 稀咲 役
蓑笠 凪
蓑笠 凪 役
早瀬 ふかみ
早瀬 ふかみ 役

サンプルCG

maitetsu-sample-001
maitetsu-sample-002
maitetsu-sample-003
maitetsu-sample-004
maitetsu-sample-005
maitetsu-sample-006
maitetsu-sample-007
maitetsu-sample-008
maitetsu-sample-009
「まいてつ」のサンプルCG10
まいてつ パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

※DLC Hシーン大増量パッチ込みの評価です

衰退気味なエロゲ業界の中で、近年では稀に見る大作。

私は2ルートくらいでギブアップしてしまったので、シナリオ面は評価できないけれど、それでも作品全体から感じるクリエイターの本気度・作り込み具合は物凄かった。

ちなみにギブアップした理由は、シナリオというよりも、主人公のソーテツ様がどうにも好きになれなかったからです。

まいてつ サンプルCG005

Hシーン詳細

CGのクオリティは非常に高く、E-moteによるアニメーション付き。
構図や衣装の観点から見てもツボを抑えていて、琴線に触れるデザイン。
シーン内を簡単にシーク出来たりして、UI的にも使いやすい。

ぶっちゃけ尺が短いこと以外は100点をあげたいレベルで良い。

まいてつ サンプルCG004

フェラシーン自体は多めで、DLCにもかなりあり、合わせれば結構な数になります。
E-moteでぬるぬる動くHシーンやフェラはたまらないものがあるのですが、
とにかくひたすらに尺が短く、実用性という意味では厳しいと言わざるを得ません。

※DLCのHシーンは少し改善されていて、やや短いかな?程度の尺になっています。

鑑賞モード

Hシーンの短さには残念な部分がありますが、
それを補うだけの魅力が、この鑑賞モードにはあります。

※意図的に画質を落としていますが、実際のゲーム画面はとても精細で綺麗です。

E-moteを最大限に活用した究極の2.5次元を余すところなく堪能できるこのシステムは、またフェラと最高に相性が良いと思うのです。下記画像のようにあらゆる部分が調整でき、いちゃラブっぽいのも、ちょっと嫌がってる凌辱風なんかも思いのまま。

そのキャラにマッチする好きなちゅぱ音を持ってきて、理想の1シーンを作るとすげー捗る。ついでに録画しておくと、2回目以降は動画を再生するだけで良くなるのでなおよし。
まいてつ 鑑賞モード詳細

このように様々なパーツを詳細に調整可能。

UI

BGV無し / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

好きなシーン

正直CGで言えばどのシーンもツボなんですが、特に気に入った2つということで。
基本的にDLCは尺が改善されているので、結構使えます。(短めの範疇ではありますが)

初出は雑誌付録、今はDLCにも収録されているハズ。
鑑賞モードの紹介に使っている、あの動画のシーンです。
ぺたんと女の子座りしたゴスロリ服のロリ美少女が上目遣いのノーハンドでしゃぶってくれる完全主観フェラという、パワーワードというにもパワー過ぎる1シーン。このシーンは使えるレベルで尺もあります。
本編の通常のHシーンとしては一番使ったシーン。
これも短めではあるものの、本編では一番マシなほう。黒ぱんつがえろい。
小ネタとして、れいなの声優さんが某プリズマ☆な魔法少女と同じ(の裏名義)なので、その同人誌を読みながられいなのHシーンを流すとですね、…イイですよ。

まとめ

お勧め度

ロリコンハマる人には間違いなくクリティカルヒットする作品。
シーンがやや短めなのが難点ではあるものの、プレイヤーに何か引っかかる部分があれば、唯一無二の作品になりうるハイクオリティ。他の人がどういう部分を評価するかは分かりませんが、S評価たりうるだけのポテンシャルを随所に秘めた作品だと思います。