如月真綾の誘惑 パッケージ画像エロゲー感想

如月真綾の誘惑

S+
95
B
60
SS
100
S+
99
A+
84

あらすじ

主人公の姉・真綾は、美人で人当たりも良い人気者。
自慢の姉であり、姉もまた弟のことが何より大切だった。

しかしあるきっかけを境に、元々イタズラ好きだった姉は、Hな誘惑までしてくるようになってしまう。
姉の行為は次第にエスカレートしていき、弟もまたそれに流され続けていく。

身近で魅力的すぎる姉との、淫らな関係。
欲望に正直でいられる毎日は、気に病むこともなく、ただただ気持ちよくて、幸せで。

大好きなお姉ちゃんとの、Hな日々が始まる――

声優 / キャラクター

如月真綾 cv.桃井いちご

主人公の実の姉。
同じ学園に通っている。 知的で大人びた雰囲気を持つ美人だが、人当たりが良く茶目っ気のある性格で、誰からも慕われている。

世界で一番大切なものは弟。
趣味は弟をからかうこと。
弟の見せるあらゆるリアクションがお気に入りで、気まぐれな猫のような態度で翻弄し、可愛がっている。

過保護気味なくらい、何かと面度を見てくれる良い姉なのだが、
ことあるごとにHイタズラまでしてくるようになる。
理性と欲求の狭間で葛藤する弟を優しく解きほぐして言葉巧みにHを正当化してくれるので、抗うことはもはや不可能。

「ほら、自分の口で言ってみて? お姉ちゃんと、何したいのかな…?」

如月真綾 cv.桃井いちご
声優について
使用名義 : 桃井いちご
その他の名義 : 大和桜、三郷綾夢、倉下みすじ、大久保藍子
声優・キャラクター情報

サンプルCG

感想

――たすく絵+ももいち+エロ特化。見るもの全てをダメ人間にする、究極のあまあまお姉ちゃんゲー。

超ブラコンのだだ甘お姉ちゃんに誘惑されてえっちなことをするお話。正直あまり得意なジャンルではなくて出演者目当てだったが、やってみるとヤバかった。おねショタの苦手な自分でさえ甘えたくなってしまう真綾お姉ちゃんの魅力。100%全肯定あまあまえっちの日々。ここではおねショタの苦手な筆者が、いかにして真綾お姉ちゃんに籠絡されたかを記していく。

主人公(弟)が好きになれない

とかいいつつ早速ネガティブポイント。主人公が超ドシスコンでナヨナヨしててきもい。ヒロインから見れば可愛い弟でも、プレイヤーから見ると魅力が分からないタイプの主人公なのでどうにも好きになれなかった。だいたいあのお姉ちゃんに溺愛されているという恵まれた環境で、ゲーム起動して15分で同級生に告白までされるという業の深さ、ギルティ。なお最終的にプレイヤーは真綾お姉ちゃんしか見えなくなるので主人公とかどうでもよかった。

しかしお姉ちゃんが魅力的過ぎた

一旦ヤりだしてしまうと、そんなことどうでもいいくらいに真綾お姉ちゃんが可愛すぎた。ゲームスタートからとめどなく繰り広げられるお姉ちゃんの誘惑。微エロから始まり、すぐに一線を越え、抱き合いながら眠りにつき、まどろみの中目を覚ませば当たり前のようにお姉ちゃんの朝フェラ。この世で最高の幸せの中果て、夕食まで場面転換したと思えば団欒の中でこっそり足コキ

おねショタが苦手な私でさえ「もう…甘えちゃおっか」なんて思ってしまうような、真綾お姉ちゃんとの100%全肯定あまあまえっちの連続。これで堕ちない男は居るのか?いや居ない。

「なんで真綾お姉ちゃんはこんなナヨついたガキに惹かれるんだ…?」と思っていたけれど、こんなお姉ちゃんが居たらそらナヨつくわ、分かるわ。前提が逆で、悪いのはお姉ちゃんだったわ。ごめん主人公。

1ヒロインのエロゲってステキ

経験上、こういうロ~ミドルプライスの1ヒロインゲーには当たりが多い。

そもそも例えばヒロインが5人居るゲームがあったとして、5人とも自分の性癖にマッチしていることってめったに無いと思うんだ。その点1ヒロインのゲームは、自分の好きなキャラクター1人だけを楽しめるので、実際に凸ってみた時の当たり率がかなり高い。同じ理由で他人にも勧めやすい。

あとまぁ、1ヒロインゲーでその1ヒロインが魅力的じゃなかったらそもそも商品成り立たないから、そういう意味でも当たりが多いのは必然な気がする。

シチュエーションも豊富

複数ヒロインだと一人あたりのフェラは1シーンだけなんてこともあるけど、1ヒロインならよほど地雷ゲーじゃない限りは何シーンか入れてくれる。そうなると同じキャラクターで違う衣装やシチュエーションのフェラが楽しめるから、自分にとって気に入るシーンが見つかる可能性も上がる。

フルプライス、特に萌えゲーだと、とりあえず1回フェラと69入れとけばええやろ(鼻ホジー)みたいな風潮が結構あるので…。そう、萌えゲーに割とありがちで萎えるパターンが、目当てのヒロインに69しかないやつね。

そんな感じで良いことずくめというか、私は好きです、1ヒロインゲー。

要素評

フェラゲー度

S+
95
  • 朝フェラ
  • 図書館でパイズリフェラ
  • 旅館で69
  • トイレでフェラ
  • アナル舐め手コキ
  • 日暮れまでセックスした後にお掃除フェラ(尺あり、射精あり)

ちゅぱ音関連は合計6シーンあり、バリエーション的にも及第点。各シーンは連射こそないものの満足感のある長尺になっていて、台詞中も「しゃぶりながら喋る」ディレクションをしてくれているので没入感はばっちり。例↓

ん、はぁ……おちんふぃん、まらがまんできりゅ? ―如月真綾

絵はたすく・声はももいちと超ハイレベルだし、総じて秀逸なフェラゲーと言える。正直クオリティには何一つ不満はないが、SSをつけるにはもう少し数が必要か。

キスゲー度

B
60

最初から好感度100%のいちゃラブなので、挿入中のキスも結構多めでいい感じ。ただキスで抜くほどではなかったかな?

声優・ちゅぱ音の質

SS
100

ももいち単独。うーんSS。

グラフィック

S+
99

原画・唯々月たすく。SSでもいいんだけど、最近連発しすぎなので厳しめに。

ボリューム

A+
84

だいたい別の場所で語っちゃった気がする。シーン数〇、内容◎ってとこ。ミドルプライスであることを考えるとシーン数は並だけど、質がいいので満足度が高い感じ。

UI

BGV:有り
オート継続:可
ボイス継続:可

UIは100点。機能が充実しているというだけではなく、一つ一つの動作がキビキビしていて軽快。プレイ中とにかく快適の一言だった。あとこれはあまり共感を得られない部分だとは思うが、プライマリディスプレイではないサブディスプレイでフルスクリーンにさせてくれたのも地味に嬉しかった(プライマリ強制のゲームが多い)。大抵の場合いちいちディスプレイ設定変えないといけないんだよね。

ツボったシーン

如月真綾 - 朝フェラ

男の夢。朝フェラが嫌いな男子なんていません。エロゲーやってて朝フェラがあればそれだけで点数10点増えるんじゃないかってくらい嬉しいものだけど、この朝フェラはやばかった。歴史上最も幸せを感じた朝フェラだったかもしれない。そう、真綾お姉ちゃんの朝フェラは、快感を与えるフェラじゃなくて、幸せにしてくれるフェラって感じ。とにかく優しく、極限まであまあまに、主人公の全てを受け止めてくれる真綾お姉ちゃんと朝フェラの相性が良すぎた。

しかも衣装がこのCG↓で着てる部屋着なんですよ。短パンえろすぎ。

如月真綾 - トイレでフェラ

トイレで勃っちゃったところを見つかってしまい即尺。いきなりがっつり咥えるフェラ。

如月真綾 - アナル舐め手コキ

お仕置きアナル舐め。萌え系の絵柄でがっつりアナル舐めしてくれるのって結構貴重なので嬉しい。

如月真綾 - 日暮れまでセックスした後にお掃除フェラ

尺あり、射精ありのお掃除フェラ。横になった主人公の足の間に入って、腰を枕にしながらしゃぶっているような体勢。気だるげに、慈しむように、心地良く感じさせてくれるフェラが凄く良い。下半身から精子が垂れてるのも、事後感あって○。

良いところ、悪いところ

Pros

  • 真綾お姉ちゃんによる100%全肯定あまあまえっち
  • 桃井いちごさんの汁気たっぷりのちゅぱ音
  • 唯々月たすく先生の美麗な原画
  • とにかく快適なUI

Cons

  • 欠点がない。割とマジで見当たらない。欠点とも言えない部分だが、強いて言えば「ゆうくん」呼びされてしまうことくらい。ゆうの付く名前に生まれたかったと、この瞬間だけは心の底から思った。

総評

唯々月たすく先生の美麗なグラフィックに、桃井いちごさんの濃厚なちゅぱ音。シナリオ面も一定の水準はあり、発売前に期待していた通りに素晴らしい仕上がり。こういうのが好きな人にとっては究極のエロゲーと言っても良い作品だと思うし、そうでなくとも桃井いちごファンなら間違いなく買い。安定してクオリティが高く毒がないので、ちゅぱ音や抜きゲー初心者にもお勧めしたい一作。