催眠学園1年生 パッケージ画像エロゲー感想

催眠学園1年生

エロゲー感想
A ハーレム中心のキス・アナル舐めゲー

あらすじ

主人公はさえない風貌で、人付き合いも苦手な三流大学の学生。
その趣味も変質的だが、本人はそれを恥じるはない。
ストーカーまがいのことをしたり、こっそり夜中にゴミを漁ることも…
当然のように周囲の人間からは忌避されている。

あるとき、ゴミの中からオモチャの銃のようなものを拾う。
ひょんなことから、それが催眠導入をする機械だと判明し、
彼はそれを存分に活用して、普通ならなることも出来ないはずのお嬢様女子校の教育実習生に。

そこで女教師、養護教員、そして生徒会長などの3年生、さらに2年生たちをモノにした主人公は、
そこからさらに、新入の1年生まで手を広げ、学園全体を支配しようと…

声優 / キャラクター

篠宮 アイリ
篠宮 アイリ 役
星野 灯
星野 灯 役
八部 千夏
八部 千夏 役
明石 ほのか
明石 ほのか 役
氷上 雪乃
氷上 雪乃 役
三原 かおる
三原 かおる 役
城崎 琴美
城崎 琴美 役
加古 綾香
加古 綾香 役

サンプルCG

催眠学園1年生 パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

3年生→2年生→1年生の順に発売されていてちょっとややこしいのですが、
「催眠学園」シリーズの3作目です。

舞台は同じで、既存キャラもそのまま出てきますが、
学年が増える分、作品を増すごとに攻略可能なヒロインが増えています。

内容はというと、今作は(も)キス・アナル舐めゲー。
多人数プレイが許容出来るなら秀作ですが、単体フェラを目的とするとイマイチでしょう。

最初からハーレムが形成されているため、
誤認系(水分補給してるつもりがち○ぽしゃぶってる、みたいなの)は少なめ。

催眠っぽくない

確かに催眠を利用した普通ではありえないハーレムですし、
催眠ならではというシーンもありますが、

「催眠じゃなくても、調教系のゲームで完堕ちさせたらこんな感じじゃない?」

と感じてしまうシーンが多い。(ただ主人公のことをご主人様と崇めて従順なだけ)
催眠学園1年生 サンプルCG001
催眠モノは、穢れていない女の子が日常の中でスゴい事をしてくれるのが良いのであって、女の子がエロを自覚してしまうと、催眠モノとしての魅力が一つ失われてしまうと思うんですよね。

もちろん最終的には雌奴隷になるべきですが、それは例えるならコースの〆のデザートであって、メインではないと思うんです。

催眠学園1年生 サンプルCG003

誤解してほしくないのは、決して評価が低いわけではなく、
使えすぎて次のシーンに進むのが大変レベルでヌける作品であるという前提で、
ただ催眠モノとして見た場合に物足りなさがあるということ。

正確に言えば、「好みの」催眠シーンが少ないのかもしれませんが…。
やはり続編かつ完結編なので、最初から「クリア後の世界≒デザート」感があります。

 

アイリちゃんルート

催眠学園1年生 サンプルCG007

意識は正常だけど体は動かない、金縛り系催眠で好き放題されます。
アイリちゃん自体は好きなんですが、あまりツボったシーンはありませんでした。

ところでアイリ役の花宮ひかりさんは新人さんでいいんでしょうか?
調べてもイマイチ情報が得られず。ちゅぱ音は新人さんなりといった印象。

灯ちゃんルート

催眠学園1年生 サンプルCG002

自分が魔法少女になったと思い込ませる催眠はなかなか斬新で面白かった。
教室で対面座位するシーンがツボ。

 

ハーレムルート

催眠学園1年生 サンプルCG009

フェラをしながらアナルも舐めて欲しいとか、さらにキスもして欲しいみたいなハーレムプレイが好きな人にとってはサイッコーの作品です。

しかし、逆にみんな嬉々として舐めだしちゃうので、同じ味一辺倒というか、サイッコーのハーレムプレイではあるけど、サイッコーのハーレムプレイでしかないところはあるかもしれません。

似たような3p4pでも、今までの作品の方が随所に「催眠らしさ」を感じられた気がします。

ボリューム

キスやフェラ、アナル舐めなど、何らかのちゅぱ音を含むシーンは豊富ですが、
「何か+何か(フェラ・キス・アナル舐めetc)」みたいなハーレムプレイが中心なので、純粋な単体フェラは少なめ。1シーンの尺は良好。

回想の総登録シーンは54、抜きゲーとしてのボリュームは十分かと。

グラフィック

原画はいつもの人。
可愛らしさの中に肉感も感じられる、抜きゲー向きの絵柄で良いと思います。

今作は少し引きのアングルが多くて、主観でじっくりしゃぶらせるみたいなのは少なめ。
あってもBBA枠だったりとか。

またいつものことですが、1~2シーンくらいスカがあるので注意。
大体このシーンはあるなというのが来る前に分かるので、苦手な方はスキップして下さい。

このサイトでは載せていませんが、
ショップサイトの方ではスカシーンのサンプルもあります。

UI

BGV有り / クリックオート継続× / クリックボイス継続○
クリックでオートが解除されるのが難点ですが、それなりには揃っています。

好きなシーン

ハーレム系の舐めシーンはどれもくっそ使えました。(雑
そんなわけで、ハーレム系以外で特に印象に残ったシーンを。

記憶を戻されて、全力で嫌悪感を示している二人とヤる。

綾香には「キスする度に愛情が湧いてきてしまう催眠」
琴美には「イくと愛情MAXになってしまう催眠」

をかけ、綾香とキスしながら琴美と正常位。
シリーズおなじみの、このシーンでも反抗的な態度を取ってくれる二人だからこそ、デレた後の対比が素晴らしいですね。

回想は別登録で、続けて2シーン目。
二人とも主人公のことが世界一大好きになってしまった後のらぶらぶセックス。
立場を入れ替えて、琴美とキス、綾香とバック。
小倉結衣さんのとろけたキス声が最高にイイ…。
(気に入ったシーンでは)数少ないタイマン枠。キスがかなり長尺。

まとめ

お勧め度

「催眠モノの新作」というよりは、
「好評を博した催眠学園3年生/2年生のファンディスク」
という見方が正しいのかもしれません。

あくまでも既作の延長線上にある、攻略後のヒロイン達ともっとHがしたいんだー!という需要を満たす作品なのかなと。

結構批判的?なレビューになってしまったものの、要素点が軒並み高いところを見ても分かる通り、抜きゲーとしては秀作です。ただ催眠モノとしての満足感が足りなかっただけなので、タイトルが「ハーレム学園1年生」なら手放しで褒めていたと思います。

フェラゲー度
キスゲー度
ボリューム