催眠学園3年生 パッケージ画像エロゲー感想

催眠学園3年生

エロゲー感想
B+ 強烈な個性を放つ、
NATORI烏賊の催眠ゲー

あらすじ

主人公は、冴えない風貌で人付き合いも苦手な三流大学の学生。
その趣味も変質的だが、本人はそれを恥じることもない。
ストーカーまがいのことをしたり、こっそり夜中にゴミを漁ることも。
当然のように周囲の人間からは忌避されている。

ある時、主人公はゴミの中からオモチャの銃のようなものを拾う。
お宝的な価値でもないものかといじくりまわしていると、ひょんなことから
それが 催眠導入する機械 だと判明する。

主人公はさっそく お嬢様女子校の教育実習生 に成りすまし、
自身の邪な欲望を存分に満たしていくのだった……

声優 / キャラクター

城崎 琴美
城崎 琴美 役
加古 綾香
加古 綾香 役
三原 かおる
三原 かおる 役
氷上 雪乃
氷上 雪乃 役

サンプルCG

催眠学園3年生 パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

個性派ライター・NATORI烏賊氏の手がける催眠モノ。
良くも悪くも個性的なライターさんで、内容はだいたいいつも催眠モノ。
この作品を気に入る人は、他のNATORI作品も多分気に入ると思うし、逆もしかり。

個人的には好きなライターさんなんですが、
本作はちゅぱ音的にはいつもよりシーン数が少なめで、ややお勧めしにくい印象です。
特に手塚りょうこさん、一色ヒカルさんのキャラはフェラが少なめなので、
このお二方を目当てに凸るのはお勧めしません。

儀武ゆう子さん、小倉結衣さんのキャラはまだマシですが、
それでも抜きゲー基準で見れば並程度かなと。

ただ、キャラクター自体は凄く良いんですよねー。
続編合わせて3作出ていますし、キャラクターが魅力的なので、
抜きゲーなのにどこかキャラゲーじみた雰囲気を感じるシリーズ。

3作もめげずに凌辱され続けるヒロイン達を見ていると、もはやキャラに愛着が湧いてくるというかw

催眠

個人的にマイナスだったのは、琴美(CV.小倉結衣)に対して、
「キス・フェラをすると極上のデザートのように甘く感じる」催眠をかけたこと。

キス・フェラ自体はただの強制催眠で、味覚に関係なく行われますし、
甘みのやり取りもそこそこに、途中から普通~に舐めだしてしまうので、
ちょっと催眠の意味が感じられませんでした。
あの内容なら、普通に強制だけで舐めさせるほうが良かったかなと。

味覚催眠をするのなら、例えば、
「琴美が精神的に上位な(あるいは、屈辱を認めながらも)ポジションで、
主人公に罵詈雑言を浴びせながらもデザートとして毎日舐めしゃぶる」といったような、
催眠を活かしたシチュエーションにして欲しかったところ。

UI

BGV有り / クリックオート継続× / クリックボイス継続○

好きなシーン

  • 城崎琴美 - 金縛り・味覚誤認キス (小倉結衣)
  • 城崎琴美 - 金縛り・味覚誤認フェラ (小倉結衣)
  • 城崎琴美 - 金縛り・味覚誤認パイズリアナル舐め (小倉結衣)
  • 加古綾香 - 対面座位でキスセックス (儀武ゆう子)
  • 加古綾香 - 水泳部の2年と3p、キス&フェラ (儀武ゆう子)
  • 三原かおる - 2年生にフェラさせて、先生がアナル舐め (一色ヒカル)
    備考:2年生のキャラは、続編の催眠学園2年生でメインに昇格します。

まとめ

お勧め度

悪くは無いんですが、次作の催眠学園2年生の方がお勧めです。
シリーズ的には2年生→1年生→3年生の順に好き。