聖娼女 -性奴育成学園- パッケージ画像エロゲー感想

聖娼女 -性奴育成学園-

エロゲー感想
独特な雰囲気とエロさを感じる
凌辱・調教モノ

あらすじ

私立白百合ヶ丘学園――
ここは、教養ある子女を育成するための名門校として知られていた。

しかし、この由緒ある学舎には裏の顔があった。
あらゆるVIPたちの肉欲を満たすための、高級性奴育成所である。
女学生たちはその候補生であり、専門家による調教を受け、牝娼婦へと仕立て上げられるのだ。

そしてこの学園に、ひとりの男が招かれる。
時沢直巳。 裏社会では悪名高き女衒 (ぜげん) である。
彼は学園長の命を受け、新たな娼婦を育成するために、少女たちを淫靡に蝕んでいく。

声優 / キャラクター

桂木 紫苑
桂木 紫苑 役
宮前 彩葉
宮前 彩葉 役
城崎 優莉
城崎 優莉 役
上条 翼
上条 翼 役
速水 涼香
速水 涼香 役
成瀬 小夜子
成瀬 小夜子 役

サンプルCG

iroha
yuuri
tsubasa
suzuka
naruse sayoko
shion
速水涼香
宮前彩葉
聖娼女 -性奴育成学園- パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

設定はよくある感じの凌辱ゲーながら、女の子達の反応が独特で可愛い。

とにかく事あるごとに「仕方ないなぁ」なんて、天使のような包容力で何でも許してくれちゃうヒロインたちの、甘~い雰囲気を感じる凌辱ゲー。悲壮感は控えめで、凌辱ではありつつも、どこか和姦のような雰囲気さえ感じます。

キャラクター

桂木 紫苑 CV:桃井いちご

聖娼女 -性奴育成学園- サンプルCG001

好きなシーン

  • せっかくのももいちさんなのに、シーン的にはツボりませんでした。

宮前 彩葉 CV:鈴音華月

聖娼女 -性奴育成学園- サンプルCG002

好きなシーン

  • ファンと対面座位でキス
    ファンといちゃいちゃキスしながら対面座位で挿入。
  • イベント後にトイレでファンにフェラ
    長尺でがっつりじゅぽじゅぽ。ステージ衣装のままトイレでファンにっていうシチュエーションが強すぎる。

城崎 優莉 CV:加乃みるく

聖娼女 -性奴育成学園- サンプルCG003

好きなシーン

  • 保健室でフェラ
    べッドに横になる優莉に舐めしゃぶらせるアングル。
    2シーンありますが、2回目の競泳スク水のほうが2連射の長尺でとても良い。
  • 潜望鏡フェラ
    客をパパ呼びエロい。声のエコー加工が少し気になりますが、弱めなので許せる範囲。
  • 優莉フェラ+紫苑(CV : 桃井いちご)アナル舐め
    興奮しないわけがない夢のプレイ。

 

上条 翼 CV:青井美海

聖娼女 -性奴育成学園- サンプルCG004

好きなシーン

  • 調教キス(短いものの何シーンかあり)
  • 友達の前でキス(同CG)
    いずれも尺は長くないものの、1枚絵付きのキス。
  • 学校の中庭でキス→立位で挿入
    学校に来た客に押し切られて、無理やり中庭で。
  • 初フェラ(主観視点)
    がっつりフェラ。女衒→男子生徒→中年男の3連射
  • 正常位で挿入されながら3pフェラ
    競泳スク水?2連射。
    優莉の保健室フェラもそうですが、横になってる女の子にしゃぶらせるのってすごく好き。

速水 涼香 CV:手塚りょうこ

聖娼女 -性奴育成学園- サンプルCG005

好きなシーン

  • ホテルで即尺フェラ(主観視点)
    ねっとり濃厚じゅぽじゅぽフェラ。この作品で最もちゅぱ率が高いシーンかも。
    旦那との性事情をしゃぶりながら喋ってくれるので、寝取り感がかき立てられます。

成瀬 小夜子 CV:ももぞの薫

聖娼女 -性奴育成学園- サンプルCG006

※サブキャラ

良かったところ

シナリオの導入/キャラクター描写が丁寧

抜きゲーではともすれば「お嬢様」とか「生徒会長」とか、雑に要素を組み合わせただけのテンプレキャラになりがちですが、この作品は実際に凌辱を始めるまでの過程を丁寧に描いているところもあって、キャラクター一人ひとりに個性と魅力が感じられます。

またこの作品の独特で面白いところは、女衒が本当の意味で女衒というか、ヒロインをただ単に快楽堕ちさせるのではなく、心から客へ奉仕する幸せを感じるように仕向けるところ。

もちろんヒロイン本人も感じるようにもなるからこそえっちぃんですけど。
聖娼女の名に偽りなしというか、まさに究極の娼婦。

ヒロインの台詞/心の声が多い

良いところでもあり、悪いところでもあり。
ヒロインの感情の機微が感じられて興奮させてくれます。
この作品においては「ライターのこだわり」を感じるポイントであり、この作品に漂う独特の雰囲気の核になっている部分なので、ストロングポイントと言ったほうが適切な気はしますが、それでもマイナスに感じる人もいるかと。

CV / キャラクター

桃井いちご、鈴音華月、加乃みるく、青井美海、手塚りょうこ、ももぞの薫(敬称略)

つよい。(こなみ
なかでもこの作品で印象に残ったのは、以下の3人。

  • 宮前 彩葉 CV:鈴音華月
    私的には鈴音華月さんのベストゲームです。
    ファンとキス、ファンにトイレフェラの2シーンがクリティカルヒット。
    最初から望んでやるわけではなくて、ファンに頼み込まれちゃって、
    「そんなに喜んでもらえるなら、やってあげてもいい…かな?」
    みたいな逡巡を経てからのねっとりキスだったりフェラだったりっていうのが、ただしゃぶるだけのゲームとは違うエロさがあるんです。なんか幸せなんです。エロいんです。
  • 速水 涼香 CV:手塚りょうこ
    ホテルで即尺フェラのシーンは、手塚りょうこさんの出演された全てのゲームの中で一番好きなシーン。私的には手塚りょうこさんはあまり若すぎるキャラよりも、今作のような少し大人の魅力を感じる女性のほうがしっくりきますねー。
  • 城崎 優莉 CV:加乃みるく
    ベストゲームでいうと聖薇ですが、この作品も3本の指には入りそう。
    加乃みるくさんのファンになら二つ返事でお勧めできるゲーム。

グラフィック

原画・塗りともに素晴らしい質感。
構図も良好、エアもなし。
差分も充実していて、ほぼ全てのシーンで口内射精。

強いて言えばややCGの使い回しが見受けられます。

UI

BGV有り / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

立ち絵鑑賞モード搭載。

テキストをエロ漫画のような吹き出しに出来る、独特なモードも。

悪かったところ

心の声/セリフが多い

人によっては。

純粋なちゅぱ音ボリュームは少なめ

前項に付随して。
しかしこの作品の場合はあくまでこの作品のスタイルとしてそうなっているだけなので、決してクオリティが低いわけではありません。

まとめ

お勧め度

凌辱調教ゲーというのは、作品に漂う「雰囲気」が大事だと思っています。
プレイヤーがその世界に浸れるかどうか、エロさを感じられるかどうか。

その点この作品は、理由は分からないけど、何処となくエロい雰囲気に満ちている。とにかく妙なエロさを感じる作品。私は好きです。

ちゅぱ音だけを聴きたい時には微妙だけど、
「フェラを楽しむ」という観点からは良ゲー。

フェラゲー度
キスゲー度
ボリューム