千恋*万花 パッケージ画像エロゲー感想

千恋*万花

エロゲー感想
S 安定のゆずソフト

あらすじ

電車も通っていない山の中に、穂織(ほおり)の町はある。
周りとの交流も薄いせいか、文明開化にすら乗り遅れた田舎町。
だがそのおかげで独自の発展を遂げ、今では一風変わった温泉地として広く知られる立派な観光地。

そんな穂織の人気の一つに、特別な刀の存在があった。
【神刀 叢雨丸(むらさめまる)】
岩に突き刺さったまま、誰も引き抜くことができない刀。

のはずが、なんと 有地将臣 はその刀をへし折ってしまう!

予想外の事態に慌てふためく彼に突き付けられた責任。
それは “結婚” という二文字だった!

とんでもない事態にワケが分からず困惑する将臣。
だがこれも、ほんの入り口でしかない。
この先にはもっと奇妙で摩訶不思議な生活が、待ち構えていたのだから。

初めて出会った結婚相手
自分だけが触れられる謎の少女
そして、穂織の土地に残る呪いの秘密とは……?

めまぐるしく変わる生活の中、出会った恋の行く末はどこなのか?
すべては叢雨丸を掴んだ、その手の中に――

声優 / キャラクター

朝武 芳乃
朝武 芳乃 役
常陸 茉子
常陸 茉子 役
レナ・リヒテナウアー
レナ・リヒテナウアー 役
鞍馬 小春
鞍馬 小春 役
ムラサメ
山本希望
ムラサメ 役
馬庭 芦花
西山冴希
馬庭 芦花 役

サンプルCG

千恋*万花 パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

いつもどおりのゆずソフトですが、
ここ数作では一番の当たりかなーと思っています。
キャラデザと声優のチョイスがツボでした。

せっかくなので、ちょっとゆずについて書いてみます。↓

ゆずソフトについて

今の時代に、ここまで丁寧に「エロゲー」を作るメーカーも珍しい。
メーカーとして完成されているので、逆に語るべきところが思いつかない。
すでに固定客が付いてると思うので、語る必要性も感じないというか。

そんな印象を抱くほどのエロゲーブランド、それがゆずソフト。

ゆずソフトの特徴

可愛らしくも扇情的で美麗なグラフィックに、
いちゃラブ&コメディ系の安定したシナリオ。
エロゲー界Top3には入る、快適なUI。

エロにもしっかりと力が注がれていて、シーン数は萌えゲーなりではあるものの、
いちゃラブ系の萌えゲーが好きならかなり使える作り。

常に安定したスパンで新作を発表していたり、延期をしたことがなかったり、
あらゆる面で手抜きがなく、仕事が丁寧に感じられるのがとても好印象。

シナリオはだいたい無難な作りなので、近年は2ルートくらいで飽きがちですが。

 

キャラクター

今作でツボったのは茉子(小鳥居夕花)とレナ(桐谷華)。
茉子はキャラクターとして好みだったし、主観視点でめっちゃ良い構図のフェラが一つある。小鳥居さんの、微弱ながら声の響きが伝わってくるようなねっとりフェラが大好き。

レナは、うん、まあ、桐谷さんに極あま巨乳キャラやらせたらつよいですよ。反則かなと。

1シーンの尺はしっかりとあるものの、基本は萌えゲーなのでシーン数自体はそれなり。

UI

BGV有り / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

業界最高クラス。

好きなシーン

  • 常陸茉子 - 主観視点フェラ (小鳥居夕花)
  • レナ - パイズリフェラ (桐谷華)

まとめ

お勧め度

キャラ立ちの良い、軽やかなシナリオに、圧倒的な「エロ可愛い」グラフィック。構図のとり方や下着のディテールなど、細やかな部分まで丁寧な仕事が行き届いていて、簡単に言うとデフォルメされた可愛らしい絵なのに猛烈に股間にクる。

エロゲー初心者にも勧めやすいカジュアルさでありながら、しっかりとしたハイクオリティを持った神ゲー。