ワルキューレロマンツェ More&More パッケージ画像エロゲー感想

ワルキューレロマンツェ More&More

エロゲー感想
キスフェチならぜひ抑えて欲しいキスゲー

あらすじ

世界中から優秀な騎士が集う、ウィンフォード学園。
街を挙げて行われるジョスト (馬上槍試合) の大会を間近にし、盛り上がりを見せていた。
そんな中、主人公――水野貴弘の幼なじみである希咲美桜 (きさき みお) が、ひょんな誤解から自信家の令嬢騎士ベルティーユ・アルチュセールと決闘をすることに !!
貴弘は馬上の騎士を支えるベグライター(騎士補佐)として、一人で馬に乗ったこともないド素人の美桜を勝利に導く。
この見事な試合により、ベグライターとしての貴弘の評価は高まり、学園生たちの興味の的に !?

ひとつの出来事をきっかけに、元騎士の貴弘は大きな転機を彼女たちと迎えることになる。

貴弘と共に美桜を支え、少々堅物ながらもジョストの腕は一流の大和撫子・龍造寺茜。
美桜に敗れたものの、勝利した彼女を讃えライバルを自称する気の良い派手好きなお嬢様・ベルティーユ。
従姉で学園の保健医であり、貴弘が騎士に復帰することを信じている、柊木綾子。

ベグライターとして試合に臨むのか、騎士へ復帰する道へと進むのか―― 揺れ動く貴弘。
そして、出会う様々なライバルたちとのジョストと恋のバトルは、いよいよクライマックス!

果たして彼女たちと貴弘の夢と想いは、奇跡を起こすことができるのか?
そして、貴弘をめぐる少女たちの恋の行方は !?

声優 / キャラクター

龍造寺 茜
龍造寺 茜 役
ベルティーユ・アルチュセール
ベルティーユ・アルチュセール 役
柊木 綾子
柊木 綾子 役

Subcharacter / Voices

希咲 美桜
希咲 美桜 役
ノエル・マーレス・アスコット
ノエル・マーレス・アスコット 役
スィーリア・クマーニ・エイントリー
スィーリア・クマーニ・エイントリー役
リサ・エオストレ
リサ・エオストレ 役

こちらは前作のメインキャラ勢、Hシーンはありますが少なめ。

サンプルCG

ワルキューレロマンツェ More&More パッケージ画像
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

感想

各ヒロインに単体のキスシーンが用意されている神ゲー2nd。
FDの新規攻略ヒロイン3名が対象で、さすがに前回のヒロインにはありませんが。

前作で、一般声優さんが多いのでそういうフェチの方にお勧めと書きましたが、特に今作がそうですね。生天目仁美さん、柚木涼香さん、水橋かおりさんがメインの3ヒロイン。

あくまでもこの3名に魅力を感じる方にとってのS-評価であって、エロゲ声優基準で見れば音は弱めです。フェラ的に見てもシーン数的にはちょっとボリューム不足なので、一般声優+キスフェチな人向けかな。

水橋さんがエロい

中でも今作は水橋かおりさん推し。
水橋さんのちゅぱ音が聴きたいならこの作品以外にない。
今作オンリーの確変っぽいけど、吐息のエロさが半端ないんです。
大人の魅力たっぷりの年上キャラっていうのが、また良かったのかもしれない。

生天目さんもいい仕事をしているんですが、今作はやはり水橋さんを推したい。というのも、生天目さんはこの3人の中では最もエロゲ出演が多く、他にも良い作品があるため。

柚木さんは… えー… 音はぶっちゃけ出ていませんが、中の人補正が効くならかなりイケるかと。だってエルルゥですよエルルゥ。(おっさんゲーマー

演技とは別に、柚木さんのキャラは他の二人と比べてもエロ薄な印象。
唯一のフェラは寸止めで、一番使えるのはパイズリフェラかな。
キスシーンは他と遜色なく濃厚。

キスシーンが最高

キスシーンは1回目は前哨戦、2回目が本番…という印象ではありますが、各キャラ2シーンずつ用意されています。(構図は同じで、衣装と差分表現が違う感じ。)

私的にはこちらがこのゲームのメインディッシュ。
単体のキスシーンとしては他に類を見ないレベルで長尺な上、舌を絡める差分もあって、とにかく濃厚。実用性高し。シーン内で射精させてくれるわけでもないですし、キスシーンで実用性とかいうフェチはマイノリティかもしれませんが。

前作勢について

  • 希咲美桜 CV : 清水愛
  • リサ・エオストレ CV : 夏野こおり

の二人には実用レベルのフェラがあります。

ボリューム

1シーンの尺はしっかりありますが、フェラシーン数的にはちょっと物足りないかも。

グラフィック

うーん、こもりけい先生の絵はエロゲ映えするなぁ。
上手いイラストレーターや漫画家が、そのまま良い原画家とはならないのがエロゲの面白いところ。そんな中でこもりけい先生の絵はエロゲと親和性が高いというか、グッと来るものがある気がしますね。

惜しむらくはウインドウサイズがスクエアなところ。
そろそろワイド対応していてもいい時代の作品だと思うんだけどな~;
このままでも大満足だけれども、絵がいいからこそ、ワイドで見たい欲にかられる。

舐める舌の質感や、ギャグにならない程度のひょっとこなど、ちゅぱ音シーンを引き立てる表現のクオリティも高く、キス・フェラに関してはこだわりを感じるので、クリエイター陣に絶対好きな人が居るんだと思います。

UI

BGV無し / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

BGVはないものの、使い勝手は良好。
前作にはなかった、「回想選択に戻る」ボタンが追加されているのが個人的に高評価。

好きなシーン

ちゅっちゅ♡みたいな萌えゲーキスじゃなくて、快感を貪る生々しいキス。
構図◎
主人公が立って、茜が跪いてしゃぶる構図。
上着半脱ぎでブラが見えていて、いちゃラブでありながら、どこか隷属しているような雰囲気を醸し出しているのがエロい。
途中で声を抑えるためにキス。かなり長尺で、いちゃラブ感がたまらない。
四つん這い体操服の破壊力よ。
主観視点。
寝起きを起こされるような理想形ではないけれど、お互いに寝起きでのフェラ。

まとめ

お勧め度

水橋さんの大人の魅力を味わいたくて、定期的に起動したくなるシリーズ。
キスフェチなら鉄板。

フェラゲー度
キスゲー度
ボリューム