エロゲー感想

遊郭に売られた俺の彼女

エロゲー感想
S しっかりと作り込まれた、
同人NTRモノの傑作

あらすじ

▼粗筋概要

【剣術小町編(出会い編)】★ミステリーモノ

盗賊と剣術小町が出会い事件を通じて恋に落ちる話

【女郎編(寝取られ編)】 ★寝取られモノ

剣術小町が女郎へと転落して、寝取られまくる話

▼本作の拘りの一部紹介

・【二部構成による長編】 :「出会い編(剣術小町)」と「寝取られ編(女郎)」の二部構成による長編物語

・【ヒロインの変化】 :性とは無縁だった剣術小町が淫乱な女郎へと堕ちていく過程をお楽しみいただけます。
客に抱かれ、寝取り男に調教されることで、
最初のヒロインからは想像もつかない淫乱彼女へと変貌を遂げます。

・【ヒロインは処女】 :ヒロインは堅物な剣術小町なので、男性に疎いピュアな処女娘。
※寝取り男達の誰かに処女膜を破られます

・【彼氏の目の前で】 :主人公(彼氏)が遊郭で下働きすることにより、
「目の前で」寝取られるという異常なシチュエーションが多々あります。

・【べろちゅー】 :べろちゅーしまくります。

・【複数人の寝取り男】 :男の数だけ「性癖」「性技」「ヒロインとの関係性」がある為、
寝取られプレイの趣向も男によって多彩に変化。
※ただし、プレイの半分以上が「ある男」に割かれております。

・【ヒロインの髪型】 :苦手な方の為、「髷(まげ)」でのHシーンは一切なし!
※髷:時代劇でよく見かけるオデコ丸出しな髪形

・【ミステリー+寝取られ】 :前編にて「辻斬り事件の謎」を二人で追いかけます。ミステリーモノとして前編もお楽しみ頂けます!

・【彼氏と彼女の関係描写】 :2人の出会いから恋に落ちるまで、交際してからを丹念に描写。寝取られた後の二人の関係性の変化もお楽しみ頂けます。

・【美麗なCGの数々】 :絵師「汰尾乃きのこ」による一切妥協のない高品質なCG!

などなど……

「拘り」抜いた寝取られ物語をお届けいたします!

声優 / キャラクター

noimage
千鶴 役

サンプルCG

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

Sample Movie

▼第一話「盗賊と剣術小町」配信中

第一話「盗賊と剣術小町」

感想

あーーーもうストライク、ドストライク。
凌辱とNTRとしての興奮度は満点をあげたいくらいストライク。

まず序章が長い、クソ長い。
エロまでがこんなに丁寧で長い同人抜きゲーは初めて見ました。

しかも長い長い序章を終え(※褒めてます)
彼女が遊郭に入り、さあようやく凌辱が始まるぞとなっても
まだ見せては貰えません。

凌辱は進行していってるのに、
寝取られ役の主人公=平馬視点でしか物語が描かれないために、
声だけだったり、断片的なCGだったり、とにかく最後までは見せて貰えません。

その徹底した「お預け」に狂おしいほど興奮させられます。

そうして遂に初夜のシーンを見れたときの「オッシャキターーーー!」感。
寝取り役のおっさんとシンクロしてんじゃないかってくらい興奮します。ヤだけどw

Hシーン

男キャラ達が、どいつもこいつも良い意味で偏執的なのがNTR的に素晴らしい。
無理やり力尽くで凌辱するんじゃなくて、ヒロインの状況を外堀から追い込んで、
従順に奉仕せざるを得なくさせるのがほんとイイ。

どんな美少女でも、無理やりヤっちゃったら侘び寂びがないですよね。(?)

その点このゲームは導入が凄く凄く凄く丁寧なので、
遂にこの女を味わえるぞコラァ! となったときのカタルシスが半端ない。

遊郭で働くようになっても心は堕ちきってないので、
めっちゃ嫌がりながら冷めた顔で授乳手コキするシーン
とかほんっと興奮します。

なおフェラは少なめ。(フェラ系は69が一番使えたかも。)
セックス中を含めべろちゅー多め。
唾をかけられたり、おしっこを掛けられたり、飲まれたり…といったような描写もあり。
犯されるよりも穢されるというか、ライターはNTRの何たるかを分かってるなぁと。

一つだけ残念だったのは、ヒロインは遊郭で客を取ってるはずなのに
(客として来てるけど)もともとヒロインに因縁のある人たちとのHしか無いところ。
1~2シーンだけでも初見の客とのHシーンが見てみたかったかな。

シーン毎の尺はまずまず。
シーン数は…実際に使えるシーンはそう多くはない?
とは言えロープラ同人ゲーとしては十分かと。
作品全体にボリュームがあるので、終わった後の満足感はあります。

グラフィックも肉感があって良い。
特に構図に関してはかなり練られている感じがして好印象。
原画の方はもっと色んな作品で見てみたいと思うほど。

声優

声優は陽向葵ゅかさん。
同人声優さんとしては比較的新し目な方。

演技、ちゅぱ音ともに多少同人臭さは残るものの、悪くはない感じ。

同人声優さんは自分の中で「第○世代」的なグループ分けがあるんですが(ワンピースのルーキー勢みたいな)この世代の人がゲームに声当ててるんだなーってちょっと時代の流れを感じたり。

UI/Config

BGV有り / クリックオート継続○ / クリックボイス継続○

遊郭に売られた俺の彼女 コンフィグ画像

同人なら及第点。
BGVはあるものの、セリフ再生中でも流れてしまうタイプ。
このサークルの過去作と比べると、だいぶ使いやすくなっています。

マルチエンディング

ハッピーエンドが用意されているところも個人的には好きですね。
選択肢次第では、そもそも遊郭に入らずにそのままハッピーエンドになるので。

散々愉しんでおいてどうかとも思うけれど、これが正史だとかわいそすぎるとだろと思える良心は一応私にもあるので、凌辱はifなんだって思えるハッピーエンドの存在は私は好き。
逆に救いようがないバッドエンドもありますが。

ちなみに一周目はハッピーエンドに行っちゃって、凌辱編無しでも普通にお話として纏まっていたので、「あれ…結構ボリュームあったけど…これエロゲーじゃなかったのかな
とか一瞬思ってしまった(;´△`)遊郭ドコー

好きなシーン

いやー難しい。
NTRブーストが効いているのでどれもこれもめっちゃ興奮しちゃう。

ちゅぱ音関係ないけども、NTR凌辱としてめちゃくちゃ興奮する何かがある。
千鶴はめっちゃ嫌そーーーな顔をしてるんだけど、竿役の地団駄がラリったマザコンの変態なので、全く意に介していないのが素晴らしいんだよね。普通こういうシーンでは男はヒロインに演技を求めるものだけど、地団駄は一人で完結しているので、めっちゃ嫌そーーーな冷めた顔で授乳手コキをする美少女と、一人で自分の世界に入って勝手に盛り上がってるハゲデブのおっさんっていう地獄のような対比が出来上がるんですね。いやー全力でキモいデブって凌辱映えするよねー。
襖越しの寝取られ視点なので、短め(というか途中で帰る)のが惜しい…。
キスオンリーのシーンだと一番長いかな?
表面上はらぶらぶちゅっちゅ、腹の中はアレですけど

まとめ

お勧め度

イロヨリドリのところもありますし、いやーNTR系は同人強いですね。
NTR系っていうか、ニッチな特化モノが強いってことかもしれませんが。

フェラゲー度
キスゲー度
ボリューム